Skip to content
KOBEEVENT > 国指定重要文化財「旧ハッサム住宅」公開

国指定重要文化財「旧ハッサム住宅」公開

2019年10月19日(土)~2019年11月24日(日)、重要文化財「旧ハッサム住宅」の内部が一般公開されます。この期間は、旧ハッサム住宅が移築されている神戸市相楽園で行われる「第68回 神戸菊花展」の期間にあたり、園内に展示される鮮やかな菊も楽しむことができます。

旧ハッサム住宅は、明治期に神戸で暮らしたインド系イギリス人貿易商K.ハッサム氏が明治35年に住居として建設した洋館。当時は中央区北野町2丁目の高台に所在しており、昭和36年、当時の所有者・神戸回教寺院から神戸市が寄贈を受けたことをきっかけに、その2年後の昭和38年、相楽園内に移築・保存されることとなり、その後震災を経て丁寧な修繕が施され、今に至ります。

張り出し窓や鎧戸、三角形のペディメントなど、明治における神戸の「異人館」らしい建築は、ハイカラな港町の文化をしのばせ、必見。当時の神戸の外国人の暮らしを垣間見ることができます。申込みは不要です。

相楽園は、旧ハッサム住宅に加え、江戸時代に姫路藩主が使用した「「川御座船(かわござぶね)」の屋形部分を移築した「船屋形」、昔厩舎として使われていた「旧小寺家厩舎」という、3つの重要文化財を敷地内に持つ名園。相楽園もまた、神戸の名士・小寺康次郎が造営した庭園であり、広さや植栽の美しさが素晴らしいのです。

普段はなかなか見られませんが、今回の神戸菊花展のようなイベント期間中は内部を公開している「旧ハッサム住宅」。日中は各種イベント、夜は菊のライトアップも行われるので、神戸菊花展の日程をチェックのうえ、合わせてお楽しみください。

■開催日時
2019年10月20日(日)~11月23日(土・祝)
9:00~16:30

■開催場所
神戸市立相楽園
〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通5丁目3−1

■料金
《入場料》
大人(15歳以上)300円 
小人(小・中学生)150円
※申込み不要。
※15名以上は団体割引あり。詳しくは、相楽園へお問い合わせください。

■お問い合わせ先
神戸市教育委員会文化財課
TEL:078-984-0741

■参考サイト
重要文化財「旧ハッサム住宅」公開-神戸観光サイトFeel KOBE
国指定重要文化財「旧ハッサム住宅」-神戸市

 >  KOBEEVENT >  国指定重要文化財「旧ハッサム住宅」公開
POWARED BY KOBE FRANTZ                                                                                                         画像出典:freepik