Skip to content
KOBEEVENT > 第5回神戸パン祭り

第5回神戸パン祭り

2019年9月5日

2019年10月5日、神戸朝日ビルディング1階にて『第5回神戸パン祭り』が開催されます。

言わずと知れた「パンの街」神戸。明治の開港以後、西洋の文化をいちはやく取り入れた神戸では、居留地に住む外国人向けのベーカリーショップからパン食文化が広まり、評判のいいパン屋さんを多く擁する、パン購入額でも全国トップクラスの県となりました。

「神戸パン祭り」では、各店自慢のご当地パンに、好評を博した五国(摂津、播磨、但馬、丹波、淡路)の食材を使用したパンが一堂に会します。また、子どもといっしょにわいわい楽しめる親子限定の「パンつり大会」、大学や高校の学生たちとのコラボから生まれた「ラグビーボール形 神戸メロンパン」の販売、ハズレなしの「ガラガラ抽選会」等が行われます。

「五国のパン」は、摂津が〈いちじくパン〉と〈摂津西宮のネギパン〉、丹波が〈丹波黒豆とショコラのパン〉と〈紅茶(三田産)とクリームチーズのパン〉、淡路が〈淡路のいちじくデニッシュ〉、〈淡路たまねぎパン〉、須磨が〈赤穂の塩パン〉と〈ゆずのパン〉、但馬が〈但馬牛入りカレーパン〉、〈岩津ネギを使ったパン〉。各税込200円・数量限定となっています。兵庫のめぐみを味わえるパン、どれを食べようか迷ってしまいますね。

ご当地パンの販売は、イスズベーカリー(中央区)、かすがの坂バンベール(中央区)、神戸ベル(西区)、コッペプリュス(須磨区)、ダンマルシェ(西区)、マザーバスケット(西区)、原田パン(長田区)、アイガー西嶋パン(加東市)、ニシカワパン(加古川市)、パンプキン(三田市)、ビゴの店(芦屋市)、ピストリーナマツヤマ(三木市)の12店が出店。一度は名前を耳にしたことのあるお店もあるのではないでしょうか。

会場も、三宮駅・元町駅から歩いてアクセスしやすい場所。ピクニック気分で、購入したパンを持ってメリケンパークや東遊園地へ足を伸ばすのも楽しいかもしれませんね。

■開催日時
2019年10月5日(土)
11:00~16:00
※パンがなくなり次第終了。

■開催場所
〒650-0035 兵庫県神戸市中央区浪花町59

■料金
ご当地パン各200円(税込)などの購入は、各ブースにて支払いが必要。パンつり大会は無料。
《パンつり大会》
・対象 親子連れ、小学校低学年程度の児童等
・定員 50名/回×3回(各回ごとに先着順で参加券配布)
・釣ったパンは持ち帰ることができます。当たりが出たらもう一個プレゼント!

■開催
主催:兵庫県パン協同組合
後援:兵庫県、神戸市、兵庫県中小企業団体中央会、兵庫県パン組合関連(賛助会員)

■イベント詳細
「オリジナル ラグビーボール形 神戸メロンパン」が新登場!今年も「第5回神戸パン祭り」を開催します!-神戸市観光局

 >  KOBEEVENT >  第5回神戸パン祭り
POWARED BY KOBE FRANTZ                                                                                                         画像出典:freepik