Skip to content
KOBEEVENT > ART MARBLE&PAPERWEIGHT 2020

ART MARBLE&PAPERWEIGHT 2020

KOBEとんぼ玉ミュージアムにて、2020年1月11日(土)~4月7日(火)の期間中、企画展「ART MARBLE&PAPERWEIGHT 2020」が開催されます。

KOBEとんぼ玉ミュージアムは、とんぼ玉をはじめとする「ランプワーク」の技法で作られたガラス工芸作品、約2000点を展示する世界でも唯一のミュージアムです。
繊細で芸術性の高い作品から、個性的な作品まで、色彩豊かなとんぼ玉の世界を存分に観覧できます。

今回のイベントでは、現代作家によるアートマーブル&ペーパーウェイトの作品が展示されます。
近年、アートとしての美しさが人々を魅了し、盛り上がりを見せるアートマーブルやペーパーウェイトは、コレクションとしての評価も益々高まりつつあるそう。つるんと丸い、小さなガラスが、色とりどりの細かな模様やオブジェクトで立体的に表現され、その精巧さには目を奪われます。作風も作家ごとに異なり、それぞれの個性が生かされた小さな作品の中に、その透明感や神秘的な趣を生かした多様な世界が広がります。

出展作家は、近藤良典、鈴木大輝、ノグチミエコ、堀大貴、Gateson Recko、Josh Sable、Paul J. Stankard。国内外の作家の世界観に触れることができます。また、展示作品の販売は来館者を優先し、WEBショップでの販売は遅れてとなるそうです。あなたのお部屋やデスクを彩るお気に入りの一品に出会うチャンスかも知れませんね。

入場料は大人400円、小中学生200円。ミュージアムではとんぼ玉を制作できる体験教室も毎日開催されているので、お子様といっしょにお出かけするのも楽しそうです。
KOBEとんぼ玉ミュージアムにて、2020年1月11日(土)~4月7日(火)の期間中、企画展「ART MARBLE&PAPERWEIGHT 2020」が開催されます。

KOBEとんぼ玉ミュージアムは、とんぼ玉をはじめとする「ランプワーク」の技法で作られたガラス工芸作品、約2000点を展示する世界でも唯一のミュージアムです。
繊細で芸術性の高い作品から、個性的な作品まで、色彩豊かなとんぼ玉の世界を存分に観覧できます。

今回のイベントでは、現代作家によるアートマーブル&ペーパーウェイトの作品が展示されます。
近年、アートとしての美しさが人々を魅了し、盛り上がりを見せるアートマーブルやペーパーウェイトは、コレクションとしての評価も益々高まりつつあるそう。つるんと丸い、小さなガラスが、色とりどりの細かな模様やオブジェクトで立体的に表現され、その精巧さには目を奪われます。作風も作家ごとに異なり、それぞれの個性が生かされた小さな作品の中に、その透明感や神秘的な趣を生かした多様な世界が広がります。

出展作家は、近藤良典、鈴木大輝、ノグチミエコ、堀大貴、Gateson Recko、Josh Sable、Paul J. Stankard。国内外の作家の世界観に触れることができます。また、展示作品の販売は来館者を優先し、WEBショップでの販売は遅れてとなるそうです。あなたのお部屋やデスクを彩るお気に入りの一品に出会うチャンスかも知れませんね。

入場料は大人400円、小中学生200円。ミュージアムではとんぼ玉を制作できる体験教室も毎日開催されているので、お子様といっしょにお出かけするのも楽しそうです。

■開催期間
2020年1月11日(土)~4月7日(火)
10:00〜19:00(最終入館18:45)

■開催場所
KOBEとんぼ玉ミュージアム

■料金
〈入館料〉
大人400円、小中学生200円

≪とんぼ玉制作体験≫
1個制作 1250円
2個制作 2100円
※制作個数の追加可能(1個850円)
※制作体験の受付時間10:00~18:00
※小学校3年生以上対象(小学校2年生以下のお子様の場合、ガラス棒の色と模様を選んで、年長の方に代わりに制作していただく事も可能。工房で販売しているとんぼ玉を使用して、『アクセサリー制作体験』を行うことも可能)
※要予約(WebかFAXにて)
※可燃性の高い服装は避ける。
注意事項などは以下を要参照。

■公式サイト
KOBEとんぼ玉ミュージアム
企画展・イベント- KOBEとんぼ玉ミュージアム

とんぼ玉制作体験- KOBEとんぼ玉ミュージアム

関連記事
ART MARBLE&PAPERWEIGHT 2019
ART MARBLE&PAPERWEIGHT 2018

 >  KOBEEVENT >  ART MARBLE&PAPERWEIGHT 2020
POWARED BY KOBE FRANTZ                                                                                                         画像出典:freepik