Skip to content
KOBEEVENT > 第9回KOBE豚饅(ぶたまん)サミット

第9回KOBE豚饅(ぶたまん)サミット

寒くなってくると食べたくなる「豚まん」。関東では「肉まん」というのが一般的なようですが、関西では「豚まん」と呼ばれます。
神戸の街を歩いていると沢山の豚まん店に出会います。そんな神戸名物の名店の豚まんが一同に会する「KOBE豚饅サミット」が今年も開催されます!

神戸の老舗豚まん店「老祥記」「四興樓」「三宮一貫楼」が発起人となり豚まんで神戸を盛り上げようと2011年から始まり、今年で第9回となる「神戸豚饅サミット」。

11月11日(月)から17日(日)までを神戸豚饅サミットウィークと題し、各開催店舗で、オリジナルメニューが販売され、豚まん100個が当たるスタンプラリーも開催されます。
老祥記×近藤亭きっしゅやの「オリーブの誘惑饅」、四興樓の「気分はイタリアン」、三宮一貫楼の「オマール海老の味噌入り豚まん」など、ここでしか味わえない創意工夫たっぷりの豚まんメニュー。この機会に沢山のお店を巡って、食べ比べをしてみるのも楽しみ方のひとつ!

ちなみに、昨年はこんな様子でした♪いろいろな豚まんが楽しめて、まさに豚まんの祭典。夕方頃まで豚まんを求める人でにぎわいます。

11月16日、17日にはメインイベントとして、神戸大丸会場などにてサミット限定のオリジナル豚まんが販売されます。名を連ねるのは、先の老舗3店舗はもちろん、太平閣や第一楼、皇蘭などの有名店から、イスズベーカリーや、ケルンなど神戸を代表するパン屋さんまで。

11月10日には三宮センター街の特設会場で前夜祭(入場料500円、前売りチケットのみ)が行われ、入場者全員に発起人豚まんセット(3個入)が振る舞われます。そこでは神戸豚まん娘コンテストや、豚饅1年分争奪クイズ大会が行われ、各店舗の豚まんにかける熱い思いが語られます。
大丸会場では、16日・17日の両日、数量限定で豚まん全8個が入った豚饅コンプリートセット「まんぷくBOX」(税込・1セット2000円)も販売されるので、持ち帰っておうちで楽しむこともできますよ。

少しずつ冬めいてくるこの季節にほかほかの豚まんを味わいに出かけませんか。

■開催日時
・KOBE豚饅サミットウィーク 2019年11月11日(月)~17日(日)
・オリジナル豚まんの販売 11月16日(土)・17日(日)両日とも11:00~17:00 ※売切れ次第終了
・前夜祭 11月10日(日)開場18:00、開演18:30~
・オープニングセレモニー 11月11日(月)先行販売11:00~17:00

■開催場所
前夜祭(10日):三宮センター街1丁目特設会場
先行販売(11日):曹家包子館(南京街広場横)
11月16日(土)・17日(日):南京街広場および大丸神戸店1F北側外廊
11月11日(月)~17日(日):サミット参加各店舗

■料金
入場無料。豚まんはKOBE豚饅サミット発起人3種の詰め合わせセット3個500円、他各150円~350円。前夜祭のみ入場料500円(前売り券のみ。曹家包子館・四興樓・三宮一貫楼本店でのみ販売)。

■お問い合わせ先
TEL 078-331-7726(曹家包子館)※10:00~18:30(火曜定休日)

■開催
主催:KOBE豚饅サミット®実行委員会
後援:兵庫県、神戸市、神戸商工会議所、公益社団法人ひょうごツーリズム協会、一般財団法人神戸観光局
協賛:アサヒビール株式会社、アルファクリエイト株式会社、アンキッキ協栄株式会社、イズミヤ株式会社ガーデンズ店、益生号株式会社、大阪ガス株式会社、大阪食糧卸株式会社、株式会社カミネ、株式会社北野クラブ、キリンビール株式会社、株式会社クラウン・パッケージ、株式会社廣記商行、株式会社神戸ポートピアホテル、株式会社桜商会、有限会社里深青果、サンパック紙業株式会社、株式会社神明、有限会社宅繕、田淵商店、中央食肉株式会社、日清製粉株式会社、株式会社日本旅行神戸支店、穂波産業株式会社、株式会社神戸肉森谷商店、水木真珠有限会社
協力:南京街商店街進行組合、大丸神戸店、神戸・三宮センター街

■公式サイト
第9回KOBE豚饅サミット

関連記事|第8回神戸豚饅サミット

 >  KOBEEVENT >  第9回KOBE豚饅(ぶたまん)サミット
POWARED BY KOBE FRANTZ                                                                                                         画像出典:freepik