Skip to content
KOBEEVENT > 六甲ガーデンテラス ひつじのショーンフェア2021

六甲ガーデンテラス ひつじのショーンフェア2021

2021年2月20日

2021年3月20日(土・祝)~5月30日(日)の期間中、六甲ガーデンテラスにて『ひつじのショーンフェアin六甲ガーデンテラス』が開催されます。

会場となる「六甲ガーデンテラス」は六甲山上の絶好の眺望スポットにあります。六甲山の尾根に沿って横長に広がり、そこに展望台や展望デッキ、季節の美しい花々が咲くガーデン、異国情緒漂う建物の中に複数の飲食店とショップを備えています。展望デッキからは、天気がよければ明石海峡から大阪平野、関西国際空港までパノラマの絶景を見渡すことができ、日中の景色から、1,000万ドルの夜景といわれる神戸の夜景まで、一日のさまざまな時間帯の景色と、絶景を眺めながらの食事や買い物を楽しめる展望施設です。

width=

『ひつじのショーン』は羊のショーンたちが、のどかな牧場を舞台に繰り広げるドタバタコメディアニメ。ひとコマひとコマ時間をかけたクレイアニメーションの手法で作られており、シュールでユーモアに溢れた独特の世界観が人気の作品。フェア期間中、エリア内に「ひつじのショーン」のパネル什器展示や、店舗では実際のアニメの撮影で使われたジオラマの展示や原画の公開が行われます。アニメの中の1シーンを再現したフォトスポットも設置されるので、ひつじのショーンの世界の中に入り込んで記念撮影も楽しめます。また、エリア内では、小さなお子様も気軽に参加できるスタンプラリーやキャラクターのグリーティングも行われるので、子どもから大人まで幅広く楽しめます。

飲食店舗では、フェア期間限定のコラボメニューも販売されます。敷地内にあるレストランやカフェは、絶景のテラス席や、窓からも景色が楽しめるように設計されているので、日中の景色や夜景を眼下に食事を楽しむ贅沢な時間を過ごすことができます。
神戸らしい商品を多数取り揃えた各物販店舖では、六甲ガーデンテラス限定のひつじのショーンオリジナル商品も登場。ガーデンテラス内全体でひつじのショーンの雰囲気を思う存分楽しめます。

神戸はもちろん大阪や京都からのアクセスも良く、観光の方はもちろんや地元の人にも身近な存在である六甲山。ガーデンテラスの他にも「六甲オルゴールミュージアム」や「六甲山牧場」など、山頂付近には家族や友人同士で楽しめるスポットも多く点在します。ひつじのショーンの世界を堪能した後は、是非かわいい羊達に会える六甲山牧場にも訪れて、ひつじのショーンの余韻に浸ってください。ネットでクーポンを探してみるとチョットお得に利用できるかも。

神戸の大パノラマを楽しめる4つの展望スポットがある『六甲ガーデンテラス』。ワイドに景色を楽しめる「見晴らしの塔」、山並みと瀬戸内海の風景が楽しめ、階段に座ってゆっくりできる「見晴らしのテラス」、大阪方面の景色を一望できる「見晴らしのデッキ」、2010年に完成した新しい展望台「自然体感展望台 六甲枝垂れ」(有料施設)もおすすめです。この春は気軽に絶景を満喫できるスポット、「六甲ガーデンテラス」で六甲の自然を体感し、ひつじのショーンのかわいい世界観を楽しんでみてはいかがでしょうか。

■開催日時
2021年3月20日(土・祝)~5月30日(日)
※期間中無休(店舗により定休日あり)

■開催場所
六甲ガーデンテラス
兵庫県神戸市灘区六甲山町五介山1877-9
営業時間は季節・曜日・天候・店舗により異なります
3/20(土・祝)~4/4(日)
【駐車場】平日9:30~18:00 土日祝9:30~21:00
4/5(月)~4/28(水)
【駐車場】平日9:30~19:00 土日祝9:30~21:00
4/29(木・祝)~7/21(水)
【駐車場】平日9:30~21:00 土日祝9:30~21:00

■料金
無料※一部有料施設あり

■アクセス
<公共交通機関をご利用の場合>
JR六甲道駅から「六甲ケーブル下」行市バスに乗車「六甲ケーブル下」駅~六甲ケーブル約10分~「六甲ケーブル山上」駅下車、六甲山上バスに乗り換え「六甲ガーデンテラス」下車すぐ
<お車をご利用の場合>
駐車料金
普通車 500円(繁忙営業設定日は1,000円)/二輪 300円/バス(マイクロ含む) 2,000円

■公式サイト
神戸・六甲山公式おでかけサイト

関連記事|六甲山スイスフェア2019

©一般財団法人神戸観光局

 >  KOBEEVENT >  六甲ガーデンテラス ひつじのショーンフェア2021
POWARED BY KOBE FRANTZ                                                                                                         画像出典:freepik