Skip to content
KOBEEVENT > 六甲ミーツ・アート芸術散歩2022

六甲ミーツ・アート芸術散歩2022

2022年7月15日

■ 「六甲ミーツ・アート芸術散歩」とはどんなイベント?

神戸・六甲山上の各施設を舞台に繰り広げられる、六甲の美しい自然と共にその特色を活かした現代アート作品をハイキング気分で周遊しながら楽しめる展覧会が「六甲ミーツ・アート芸術散歩」♪
2010年から毎年開催され13年目を迎える今年は、例年同様六甲山上の各施設を舞台に個性あふれるアーティストの作品が展示されるほか、新たな見どころが登場!
これまで期間限定で開催されてていた夜間作品展示企画「ザ・ナイトミュージアム~夜の芸術散歩~」がリニューアルされ、「ひかりの森~夜の芸術散歩~」として開催されます☆

この壮大な展示会には招待アーティストによる作品の出展だけではなく「公募部門」も設けられており、なんと一般からも作品を募集!
新人アーティストの新しい感性にも触れることができるので、アート好きさんの感性を刺激してくれること間違いなしの、六甲の大自然と共に五感でアートをめいっぱい感じる事ができるイベントなのです♪

width=

■盆踊りイベント「ROKKOSAN BON-ODORI」

例年9月中旬に開幕され、秋の六甲山のイベントとしてアート好きさん達にはもちろん、六甲山を訪れるすべての皆さんに楽しんでいただけるイベントですが、今年は開幕を8月下旬まで繰り上げ夏の終わりに始まります◎

例年よりも早い開幕を盛り上げるため、夏を感じられるオープニングイベントとして “循環” をテーマに、コレオグラファー(※ 振付を専門に行う者という意味で、歌舞伎舞踊や日本舞踊のような伝統芸のほかバレエやダンスの振付をする者も含む)の北村成美(きたむら しげみ)氏が鑑賞者を巻き込んで行われる盆踊り「ROKKOSAN BON-ODORI」を開催!

北村成美氏が着用する衣装は、ファッションの街神戸を代表する企業 “株式会社ワールド” のグループ企業であり、ファッション業界における “循環の取り組み” である余剰在庫や商品廃棄の課題に取り組んでいる「株式会社ワールドプロダクションパートナーズ」が手掛けます♪

■約40組!多彩な作品が多数出展予定

今年は光や映像によるパブリックプロジェクション、インスタレーション、パフォーマンス公演など、幅広い活動を国内外で行っている高橋匡太(たかはし きょうた)氏(※高橋匡太氏の「高」ははしごだか)をはじめ、たくさんのアーティストが参加予定♪

● 大西 康明(おおにし やすあき)
空洞や余白、日常的には意識されないような「間」や「境界」を、 接着剤やポリシートなどの形態を定めにくい素材を用いてトレースする作品を国内外で発表
―――――――――――――――――――――――――
● 開発 好明(かいはつ よしあき)
観客参加型の美術作品を中心に国内外で活躍
2011年夏から、東日本大震災のためにアートによる心のつながりを運ぶ、「デイリリーアートサーカス2011」を主催
―――――――――――――――――――――――――
● 谷垣 華(たにがき はな)
大学時代から本格的に絵を描き始め、植物や海などの自然と人物のモチーフを用いたシンプルな作品で関西を中心に個展やアートフェアに参加
―――――――――――――――――――――――――
● マキコムズ
それぞれが二児の母である立体が得意なマスダマキコ、平面が得意なカワサキマキによる、主に子ども・遊び・作るをキーワードに展開しているアートユニット
―――――――――――――――――――――――――
● 淀川テクニック(よどがわ てくにっく)
ゴミや漂流物などを使い赴いた土地ならではのゴミや人々との交流を楽しみながら行う滞在制作を得意とし、海外での展覧会も多数

その他、招待・公募アーティスト含め約40組も多数出展予定♪
見る前からなんだかワクワクするような「世界でも活躍するアーティスト」による多彩な作品をみて、ぜひ自分の中のアートな感性を高めたいですね☆

width=

■ まだまだ楽しいイベントが盛りだくさん!

六甲山小学校の生徒のみなさんが六甲ミーツ・アート芸術散歩のスタンプのデザイン画を制作していたり、4歳〜12歳までの子供を無料で招待する「お子さま1000人無料招待キャンペーン」も実施(6月1日(水)より受付が先着順にてスタート)されている、感性豊かな子供達にぜひ多く参加してほしいこのイベント☆

オープンエアな環境で六甲山の自然とアート作品を楽しみながら会場となる各施設それぞれの魅力を楽しむのには、六甲山上バス(路線バス:有料)の他、徒歩での移動も可能です♪

有料会場をお得に巡ることのできる2日有効の「鑑賞パスポート」もおすすめ☆
気に入った展示会場には再度入場できるので、幻想的な夜間のライトアップイベントに参加するのにもとっても便利!

明治時代に居留外国人によりもたらされた新しい文化を取り入れ発展してきた神戸・六甲山☆
その壮大な自然や歴史を「現代アート」で体感でき、六甲山の新しい魅力や自然の移ろいを五感で感じることができるので、ぜひハイキング気分で散策しながら “芸術散歩” を楽しんでみてくださいね♪

width=

【 六甲ミーツ・アート芸術散歩2022 】

■開催日時
2022年8月27日(土)~11月23日(水/祝)
10:00~17:00
※ 会場により一部異なります
※ 9月23日(金)~の期間は、夜間作品展示「ひかりの森~夜の芸術散歩~」も同時開催(入場にはナイトパスが必要)
※ 詳しくは「ROKKO MEETS ART芸術散歩2022」公式HPでご確認ください。

■場所
六甲山上施設 11会場

●六甲ケーブル(六甲ケーブル下駅・山上駅)
●天覧台
●六甲山サイレンスリゾート(旧六甲山ホテル)
●ROKKO森の音ミュージアム
●六甲高山植物園
●六甲ガーデンテラスエリア
●自然体感展望台 六甲枝垂れ
●兵庫県立六甲山ビジターセンター(記念碑台)
●グランドホテル 六甲スカイヴィラ
●風の教会エリア(含 六甲スカイヴィラ迎賓館)
●六甲有馬ロープウェー 六甲山頂駅

※ 会場は変更になる可能性があります。

■料金
●六甲ミーツ・アート芸術散歩2022鑑賞パスポート
【通常価格】当日大人¥2,500、小人¥1,000

※ 神戸六甲山上で開催される現代アートの展覧会「六甲ミーツ・アート芸術散歩2022」の5つの有料会場をお得にめぐることができる鑑賞パスポート
※ 入場日当日に限り再入場可能
※ 会期中であれば複数日に分けての利用可能

《有料会場》
「自然体感展望台 六甲枝垂れ」
「六甲高山植物園」
「ROKKO森の音ミュージアム」
「風の教会エリア(含 六甲スカイヴィラ迎賓館)」
「六甲山サイレンスリゾート(旧六甲山ホテル)」

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【早割】販売期間:4/28(木)14:00~6/30(木)
大人(中学生以上)¥2,000(通常価格 当日大人¥2,500)
小人(4歳~小学生)¥900(通常価格 当日小人¥1,000)

【前売】販売期間:7/1(金)~8/26(金)
大人(中学生以上)¥2,300(通常価格 当日大人¥2,500)
小人(4歳~小学生)¥900(通常価格 当日小人¥1,000)

【当日割】販売期間:8/27(土)~11/23(水・祝)
大人(中学生以上)¥2,400(通常価格 当日大人¥2,500)
小人(4歳~小学生)¥950(通常価格 当日小人¥1,000)
※通用期間(使用期間):8/27(土)~11/23(水・祝)
―――――――――――――――――――――――――
●ナイトパス付鑑賞パスポート
【通常価格】当日大人¥3,300、小人¥1,400

※ 神戸六甲山上で開催される現代アートの展覧会「六甲ミーツ・アート芸術散歩2022」の5つの有料会場をお得にめぐることができる鑑賞パスポートに、夜間作品を期間限定で公開する「ひかりの森~夜の芸術散歩~」会場への入場がセットになったパスポート
※「ひかりの森~夜の芸術散歩~」は9/23(金・祝)~11/23(水・祝)の土日祝、17:00~20:00の限定開催

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【早割】販売期間:4/28(木)14:00~6/30(木)
大人(中学生以上)¥2,800
小人(4歳~小学生)¥1,300

【前売】販売期間:7/1(金)~8/26(金)
大人(中学生以上)¥3,100
小人(4歳~小学生)¥1,300

【当日割】販売期間:8/27(土)~11/23(水・祝)
大人(中学生以上)¥3,200
小人(4歳~小学生)¥1,350

※ 通用期間(使用期間)8/27(土)~11/23(水・祝)
※ ナイトパスは9/23(金・祝)~11/23(水・祝)の土日祝17:00~20:00(19:30受付終了)のみ使用可
―――――――――――――――――――――――――
■主催
六甲山観光株式会社

■お問い合わせ先
六甲ミーツ・アート 芸術散歩2022 インフォメーション
TEL: 078-891-0048(平日:10:00~17:00)

■公式サイト
ROKKO MEETS ART 芸術散歩2022

■公式twitter
@RokkoMeetsArt

■公式instagram
#rokkomeetsart

■公式facebook
@rokkosan.rokkomeetsart

関連記事|六甲ミーツ・アート芸術散歩2021

#六甲山 #芸術 #ミーツ・アート #現代アート #散歩 #アーティスト

 >  KOBEEVENT >  六甲ミーツ・アート芸術散歩2022
POWARED BY KOBE FRANTZ                                                                                                         画像出典:freepik