Skip to content
WHITE DAY > バレンタインにもらっていないのにホワイトデーに贈るのはあり?

バレンタインにもらっていないのにホワイトデーに贈るのはあり?

ホワイトデーといえば、バレンタインにチョコをもらった女性にお返しをする日。同時にこの日は、男性が女性へ想いを伝える日でもあります。もしバレンタインデーに相手の女性から何ももらっていない場合、ホワイトデーに贈るのはありなのでしょうか。
告白したい女性、日頃の感謝を伝えたい女性がいる場合、ホワイトデーにはどうすべきかを探ってみました。

バレンタインをもらっていないのにプレゼントをするのはあり?
「at home VOX」が2016年に行った調査では、「バレンタインにもらっていなくても、ホワイトデーにプレゼントをあげることは『アリ』だと思いますか?」の問いに対して、20~30代男性で「アリ」と答えたのが4割~5割。40~50代男性になると、2割~3割程度に落ちていました。年齢が上がるほど「もらってないのにあげる」ことに否定的のようです。

女性も同様の傾向が出ていましたが、男性と比べて「アリ」だと思う割合が高い傾向があります。20~30代女性は約60%が「アリ」と答えていました。女性はもらう側なので、どんな場合でももらえること自体、嬉しく感じるのかもしれませんね。
出典:at home VOX「チョコをあげてないのにホワイトデーでプレゼントをもらったら」

もらった女性はどう感じる?
実際、女性がチョコをあげていない男性からホワイトデーにギフトをもらったらどう思うのでしょうか。同調査では、「うれしい」と「ちょっと引く」のうち、どちらに近いのかが問われていました。

「『うれしい』のほうに近い」もしくは「やや『うれしい』のほうに近い」と答えた女性は、20代で63.1%、30代で60.9%、40代で46.2%、50代で39.1%という結果に。若い世代ほど、うれしいと感じる率が高いようです。

遠慮なく贈ろう!
もし、あなたがホワイトデーのギフトを贈りたい相手が、バレンタインで何ももらっていない相手であっても、ためらわず贈ってみましょう。特に若い世代では喜んでもらえるはずです。

また、海外では、バレンタインは男性から女性へ贈る習慣がありますし、グローバルな考え方でいくと、決しておかしいことではありません。

ただ、ギフト選びのときに注意したいのが、相手に申し訳ないと思わせない程度の予算設定にすること。およそ1,000円~2,000円程度ならいいでしょう。

また、あまりかさばるものではなく、一般的な小さなスイーツや花束程度にとどめておくと大げさ感がなく、ありがたく受け取ってもらえるでしょう。

まとめ
バレンタインに何ももらっていなくても、自分の想いを伝えたい女性には、ぜひホワイトデーにプレゼントを渡しましょう。その際、相手に気を遣わせないよう、適切な予算設定のものを選びたいですね。

Comments are closed.

 >  WHITE DAY >  バレンタインにもらっていないのにホワイトデーに贈るのはあり?
POWARED BY KOBE FRANTZ                                                                                                         画像出典:freepik