Skip to content
chocolate > チョコレートが出来るまで

チョコレートが出来るまで

2022年2月16日

チョコレートはそのままだけではなく、ケーキやアイスにドリンク…いろんなスイーツでも親しまれていて、私たちにとってとても身近な存在ですよね。そんなチョコレートですが、どのように作られているのかは知らない人が多いのではないでしょうか。「好きな食べ物のことをもっと知りたい!」という人のために、どのようにチョコレートが出来上がるのかをご紹介していきます。

■チョコレートへの第一歩!カカオ豆からカカオマスへ
チョコレート製品の原材料に、「カカオマス」という表記があるのを見たことはありますか?そのカカオマスは、カカオという植物の実である「カカオ豆」から作られています。そこで、まずはカカオマスが出来るまでの工程をチェックしてみましょう!

width=

①カカオ豆の選別・発酵&乾燥
まず、チョコレートの原材料である「カカオマス」を作るために、カカオ豆を加工するのですが、チョコレートの製造は良質なカカオ豆を選別するところからはじまります。取り出したばかりのカカオ豆は白っぽい色をしているらしく、この豆を発酵&乾燥させることで、私たちの知るチョコレートの色合いになるのだとか。その事を知らなかった私は、元からチョコレート色だと思っていたので衝撃を受けちゃいました!

②ローストしてすり潰す
発酵&乾燥を終えたカカオ豆は、ローストして砕いて皮を取り除きます。そうしてフレーク状になったカカオ豆が「カカオニブ」です。このカカオニブをすり潰すしてドロドロの液状にしたものを「カカオマス」といい、これがチョコレート製品の原材料に記載されているものの正体です!すり潰すことでドロドロになるのは、カカオニブには多くの脂肪分が含まれているからなのですが、この脂肪分だけを抽出したものを「ココアバター」と言います。ココアバターについては、また後で登場するので覚えておいてくださいね!

■ホワイトチョコレートはどうやって作るの?
チョコレートといえば、白い見た目が特徴の「ホワイトチョコレート」もありますよね。チョコレートが出来るまでの工程をご紹介しましたが、ホワイトチョコレートの場合はどうなのでしょうか。実は、ホワイトチョコレートの場合は、そもそも使っている材料に違いがあります!ここで再度登場するのが、カカオマスの脂肪分だけを抽出した「ココアバター」。ホワイトチョコレートの原料は、このココアバターなんです!
ミルクチョコレートやビターチョコレートとホワイトチョコレートの違いは使っている原材料にあるので、ココアバターからの微粒化・精錬・テンパリングなどの工程はミルクチョコレートなどと同じです。また、いちごチョコレートのようなフレーバーチョコレートも土台はこのホワイトチョコレートで、混合の工程でフレーバーのパウダーも一緒に混ぜ合わせて作られているんですよ。

width=

■まとめ
ザックリとチョコレートが出来るまでの工程をご紹介しましたが、カカオ豆のブレンドや各工程の手順など、お伝えしきれていないことがまだまだ沢山あります。手軽に手に入るチョコレートですが、出来上がるまでこんなに手間がかかっていたとは、今まで以上にチョコレート1粒1粒をじっくり味わいたい気分になりました。

〈神戸フランツの「チョコレートスイーツギフト」はこちらから〉

#chocolate #チョコレート #チョコ #人気 #作り方 #カカオマス

 >  チョコレートが出来るまで
POWARED BY KOBE FRANTZ                                                                                                         画像出典:freepik