Skip to content
chocolate > 人気のルビーチョコレート、気になるその味や手に入る場所

人気のルビーチョコレート、気になるその味や手に入る場所

2022年2月15日

チョコレートが好きな人なら、ルビーチョコを食べたことがある人も多いのではないでしょうか。
かわいいピンク色の見た目と特徴のある風味から、日本では人気のあるチョコレートなんです!
まだ食べたことがないという人も、ぜひルビーチョコの良さについて知ってくださいね。

日本で人気のあるルビーチョコレートとは
ルビーという名前の通り、ルビーチョコレートはまるでルビーのような美しいピンク色をしたチョコレートです。
バリーカレボー社が製造開発したチョコレートで、ダークチョコレート、ミルクチョコレート、今では定番となったホワイトチョコレート、それに次ぐ「第4のチョコレート」とも言われている存在です。
チョコレートのカテゴリーが新しく生まれたのはホワイトチョコレートが生まれて以来の80年ぶりでしたので、ルビーチョコレートの登場は注目を集めました。
たとえばいちご味のチョコレートやラズベリーのチョコレートなど、着色料やフルーツのフレーバーを使用したピンク色のチョコレートは今までにもあったので、「ピンク色のチョコレートといっても、特に珍しいわけではないのでは」と感じた人もいるのではないでしょうか。
ではなぜルビーチョコレートが特別に注目を集めているのかというと、そのピンク色は着色料を使用していない自然由来のものだからなんです!
成分を気にかけている人にとっても着色料を使っていないのは魅力的なポイントですよね。

width=

ルビーチョコレートはルビーカカオから生まれる!
チョコレートを作る材料のメインとなるのがカカオ豆ですが、その中でもルビーカカオ豆という種類のカカオ豆から生まれるのがルビーチョコレートです!
着色料やフルーツのフレーバーは一切使用せずに、ルビーカカオ豆に含まれている天然の成分によってルビーチョコ特有の色と風味が生まれるようです。
ルビーカカオ豆はカカオ豆の産地・種類で決まるわけではなく、カレボー社の技術によってカカオ豆にルビーカカオ豆の特徴をもたらすとのこと。
少し難しそうな話ですが、ルビーチョコが生まれる成分が豊富に含まれているカカオ豆を選別して、そのカカオ豆がルビーカカオ豆ということのようで、はっきりとした製造方法は企業秘密のようですね!

気になるルビーチョコの味と手に入る場所
そしてやっぱり気になるのはその味ですよね!
ルビーチョコレートは、ラズベリーのような酸味のあるフルーティーな味わいで、チョコレート特有の苦味があまりないのが特徴です。
ルビーチョコの材料であるルビーカカオ豆そのものにある酸味は、フルーツのフレーバーを使用した酸味とはまた違った風味を生み出しています。
ピンク色の見た目が天然由来なのもそうですが、カカオ豆から生まれる酸味というのもとても気になりますよね!
今ではデパートやスーパーや製菓材料店など、いろんな所でルビーチョコレート商品が市販されていて、気軽に手に取りやすい存在となっています。
製菓用のルビーチョコもスーパーなどで売っているチョコレート菓子も手にしやすい価格ですが、ルビーチョコレートそのものの味を楽しみたい人には製菓用がおすすめです!
特に、世界中からいろんなチョコレートが集まるバレンタインなどのイベントでは、いろんなルビーチョコレートを見つけられそうですね。
これは、フルーツフレーバーのチョコレートが好きな人ならとても気になるチョコレートではないでしょうか。
ピンク色の華やかな見た目はギフトとしても喜んでもらえそうです。
私も贈り物でルビーチョコレートを貰ったとしたら、めちゃくちゃテンションが上がっちゃうと思います!

width=

まとめ
今話題になっているルビーチョコレートはどんどん知名度が上がってきていますが、まだ食べたことがないという人も多いのではないでしょうか!
第4のチョコレートと呼ばれるルビーチョコレートを、まだ食べたことがない人もぜひ食べてみてくださいね。

〈参考〉
「ルビーチョコレートとは」 -CALLEBAUT
「ルビーチョコが注目されている理由!これまでのチョコとは違う」 -アスキーグルメ

〈神戸フランツの「チョコレートスイーツギフト」はこちらから〉

#chocolate #チョコレート #チョコ #ルビーチョコレート #味 #レシピ #ケーキ

 >  人気のルビーチョコレート、気になるその味や手に入る場所
POWARED BY KOBE FRANTZ                                                                                                         画像出典:freepik