Skip to content
KOBEEVENT > Art Marble & Paper Weight2021

Art Marble & Paper Weight2021

2020年12月9日

2021年1月9日(土)~2021年4月6日(火)KOBEとんぼ玉ミュージアムにて、企画展「ART MARBLE&PAPERWEIGHT 2021」が開催されます。

KOBEとんぼ玉ミュージアムは、とんぼ玉をはじめとする 「ランプワーク」の技法で作られた古代から現代までのガラス工芸作品、約2000点を所蔵する世界でも唯一のミュージアムです。

今回の企画展では、現代作家による「アートマーブル&ペーパーウェイト」の作品が展示されます。アートマーブルはガラス工芸の技術を使い、作家が1つ1つ手作りした、精密で美しい模様をもつガラス玉のことで、ペーパーウエイトは、底が平たく文鎮として使えるガラス作品。どちらも掌に載るサイズの小さな丸いガラスの中に1つの世界が閉じ込められ、神秘的で美しく目を奪われます。その美しさが人々を魅了し、欧米ではアートとしてコレクションする人も多く、オークションなどが頻繁に行われているそう。花模様が一面にちりばめられたような美しい作品や、模様が幾重にも並ぶ緻密で幻想的な作品など、精緻で芸術性の高い作品から、個性あふれるユニークな作品まで、それぞれの作家の感性と、ランプワークの魅力を存分に楽しめます。出展作家は、秋田泰宏、近藤良典、佐々木淳、定榮政隆、早川和明、半田朋実、堀大貴、吉澤真一郎、 Josh Sable、Josh Simpson、Larry Cazes、Ro Purser。国内外様々な作家の世界観に触れることができます。

入場料は大人400円、小中学生200円。館内の工房では、初めてでも楽しめるとんぼ玉制作体験も毎日開催中。ミュージアムショップも併設し、神戸三宮の街中にありながら、観る・学ぶ・創る・買うが楽しめるミュージアムです。あなたも神秘的で独創的なガラスの世界を体感してみませんか?

※新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、記載の内容にも変更が生じる可能性がございます。予めご了承ください。(最新の情報に関しましては、お手数ですがご利用者様ご自身でご確認いただきますようお願いいたします。)

■開催期間
2021年1月9日(土)~4月6日(火)
10:00〜19:00(最終入館18:45)

■開催場所
KOBEとんぼ玉ミュージアム

■料金
〈入館料〉
大人400円、小中学生200円

〈県内在住の小・中学生〉
ひょうごっ子ココロンカードの提示にて観覧料無料。
〈市内児童、生徒の引率〉
のびのびパスポートの提示にて観覧料無料。
〈障がいをお持ちの方〉
身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳等の交付を受けている方
手帳をお持ちのご本人 ご優待料金(大人300円・小中学生150円)
1級または2級の身体障害者手帳、療育手帳をお持ちの方の介護者1名ご優待料金
※割引の併用は不可(減免額の多い割引を適用)

■とんぼ玉制作体験
パウダー玉・パーツ玉・ドット玉・キラキラ玉・華とんぼの中から好きな種類のとんぼ玉を選んでの制作体験
≪料金/お1人様(別途入館料)≫
1個制作 1,250円
2個制作 2,100円
〈Gotoトラベル地域共通クーポン利用〉
地域共通クーポン¥2,000分で入館料+とんぼ玉制作体験2個(お一人様)がついたお得なセット
※お釣りはでません。現金や他サービスとの併用不可。

※制作個数の追加可能(1個追加/850円)
※キラキラ玉制作の場合(1個制作につき/200円追加)
※小学校3年生以上対象(高温のバーナーを使用した制作の為)
※小学校2年生以下のお子様の場合、ガラス棒の色と模様を選んで、年長の方に代わりに制作していただく事も可能。工房で販売しているとんぼ玉を使用して、『アクセサリー制作体験』を行うことも可能
※要予約(WebかFAXにて)
※制作体験で作ったとんぼ玉をTwitter又はInstagramで「#KOBEとんぼ玉ミュージアム」をつけて投稿するとアクセサリーパーツ代が100円OFFになるキャンペーン実施中

■問い合わせ
KOBEとんぼ玉ミュージアム
TEL 078-393-8500

■公式サイト
KOBEとんぼ玉ミュージアム

関連記事| Art Marble & Paper Weight2020

 >  KOBEEVENT >  Art Marble & Paper Weight2021
POWARED BY KOBE FRANTZ                                                                                                         画像出典:freepik