Skip to content
KOBEEVENT > 旧ハンター住宅

旧ハンター住宅

王子動物園内にある神戸市内最大級の異人館『旧ハンター住宅』が内部公開されます。

建物の所有者であったエドワード・ハズレット・ハンターは、1867年、24歳の時に来日。横浜の商社員となり、神戸港が開港されてほどなく神戸へ移り住みました。
その後1874年に、外国人居留地でE・H・ハンター商会を設立、近代化を背景として鉄鋼と造船業を中心に多岐にわたる事業を興し、日本の産業史に大きな足跡を残しました。

旧ハンター住宅は、明治22(1889)年頃にドイツ人A.グレッピーが建築。1907年頃にハンターが購入し、もと所在地であった神戸市中央区北野町4丁目から、同町3丁目へと移築・改造した住居です。その頃に、現在のようなガラス窓が嵌め込まれた外観となったのだそう。当時、窓ガラスは貴重な品だったこともあり、それを惜しげなく使ったレトロなファサードには、当時の外国人実業家の富裕な生活ぶりがしのばれます。

ハンター住宅の現在の所在地は神戸市灘区王子町。国の重要文化財として、大切に保存されています。レトロ建築の魅力たっぷりのハンター住宅の内部に入ることができるチャンス、ぜひ訪れてみてください。

■場所
神戸市立王子動物園

■アクセス
・ 阪急電鉄 阪急神戸本線 王子公園 西口 から徒歩7分
・ JR西日本 JR東海道本線(米原-神戸) 灘 北口 から徒歩12分
・阪神電気鉄道 阪神本線 岩屋(阪神線) から徒歩16分
・JR西日本 JR東海道本線(米原-神戸) 摩耶 北口 から徒歩17分

■ 開催日時
6月7月9月11月12月3月の土日祝
10月1日~10月30日、3月23日~3月31日

■ 開催時間
9時30分~16時30分
(11月、12月は16時まで)

■ 料金
無料(要動物園入園料)

■公式サイト
重要文化財 旧ハンター住宅-神戸市立王子動物公園
URL:http://www.kobe-ojizoo.jp/area/hunter/

 >  KOBEEVENT >  旧ハンター住宅
POWARED BY KOBE FRANTZ                                                                                                         画像出典:freepik