Skip to content
KOBEEVENT > 国指定重要文化財「旧ハッサム住宅」公開 2021

国指定重要文化財「旧ハッサム住宅」公開 2021

2021年10月11日


日本庭園、相楽園の一角に佇む「旧ハッサム邸」。例年春と秋に相楽園で開催される花のイベントに合わせて期間限定で内部を公開してきました。しかし、最近はコロナ禍でイベントの中止が続き、公開日も不規則になっていたところですが、今年の秋はようやく「大菊花展」に合わせて公開されることになり、秋の景色とともに建物とその内部も楽しむことができるようになりました。

width=

「旧ハッサム邸」は、元は北野町にあった洋館(異人館)で、インド系英国人貿易商ハッサム氏の自邸として使われていました。昭和36年に当時所有者であった神戸回教寺院より寄贈をうけた神戸市が、後に相楽園に移築して今に至ります。神戸で多くの洋館を手掛けた英国人A.ハンセル氏の設計で、入口の大きなアーチと2階の窓の連なる広いバルコニーがとても開放的で美しい姿をしています。公開される内部は、1階にオフィシャルスペースとして食堂や応接室、2階はプライベート空間にあたる寝室や浴室が配置されており、それぞれの調度品の豪華さはもちろん、柱や壁、家具にも施された趣のあるデザインに魅了されます。「旧ハッサム邸」は重要文化財として、当時の貴重なデザインや外国人の生活様式の歴史を語り継ぐように、とても丁寧に修繕、保存管理されているので、多くの建築物ファンがこちらをお目当てに訪れるとか。今年は内部でのクラシックコンサートも予定されており、さらに洋館の雰囲気に浸ることができそうです。

秋の紅葉や菊の花に彩られた日本庭園に、異質なようでいて見事に調和している美しい洋館。内部公開されるこの貴重な機会に一度訪れてみてはいかがでしょうか。

■開催日時
開催日:2021年10月20日(水)~11月23日(火・祝)
開催時間:9:00~16:30(最終入館16:00)

ハッサム邸オータムコンサート
開催日:2021年10月24日(日)
開催時間:11:00~13:00頃

※緊急事態宣言等で相楽園が休園となった場合は、公開中止となります。

■開催場所
神戸市立相楽園
〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通5丁目3−1

神戸市営地下鉄西神・山手線:県庁前駅から北側へ徒歩5分
神戸高速鉄道東西線:花隈駅から北東側へ徒歩15分
JR神戸線:元町駅または阪神電鉄:元町駅から北西側へ徒歩10分
専用駐車場はありません。付近に一般のコインパーキングはありますが、少なめです。

■料金(相楽園の入園料のみ)
申込み不要。
《入園料》
大人(15歳以上)300円
※兵庫県内に居住し65歳以上の方で公的機関が発行する証明書をお持ちの方は無料です。
※公的機関が発行する証明書とは、老人手帳・運転免許証・パスポート・健康保険証などです。
小人(小・中学生)150円
※のびのびパスポート提示の方は無料です。

※15名以上は団体割引あり。詳しくは、相楽園へお問い合わせください。
※相楽園に入園すれば、同じ敷地内にあるハッサム邸への入館が可能となります。

■お問い合わせ先
神戸市立相楽園
TEL:078-351-5155

■ご案内サイト
神戸市ホームページ 国指定重要文化財「旧ハッサム住宅」
相楽園ホームページ

#神戸 #神戸イベント #相楽園 #旧ハンター住宅 #異人館 #駐車場 #公開

関連記事|国指定重要文化財「旧ハッサム住宅」公開 2020

©一般財団法人神戸観光局

 >  KOBEEVENT >  国指定重要文化財「旧ハッサム住宅」公開 2021
POWARED BY KOBE FRANTZ                                                                                                         画像出典:freepik