Skip to content
KOBEEVENT > 第21回 Kobe Love Port・みなとまつり 2022

第21回 Kobe Love Port・みなとまつり 2022

2022年5月26日

2022年7月17日(日)、7月18日(月祝・海の日)、の2日間、“神戸最大級の夏祭り”第21回「Kobe Love Port・みなとまつり」が神戸・メリケンパークで開催されます。

神戸みなとまつり 2022のテーマは「映像と⾳でつながる未来」。時間帯によって来場者の年代に沿ったイベントが予定されています。コロナ禍において制限された「触れる」「喋る」といった、これまで“当たり前”であったコミュニケーションについて、未来を切り拓く技術を取り入れて、こどもからお年寄りまでにこにこ笑顔になれるお祭りが企画されているそう♪

width=

“地域のお祭り”としての規模も大きく、コロナ禍の前にはなんと10万人以上が来場していた「Kobe Love Port・みなとまつり」。第20回目の昨年はコロナ禍での開催となりましたが、新たにライブ配信などを行い、来場者は約2万5000人、ライブ配信視聴者約1万3000人と、多くの方が参加しました。今年も今まで以上に地域に密着し、人々の心をつなぎ、「アフターコロナ」における新たな交流と、市民生活を発表する機会が創られます。

「Kobe Love Port・みなとまつり」は、平成14年に初開催。この年、神戸を代表するまつりである神戸まつりが7月開催から5月開催に変更になり、「神戸のまちに夏祭りがなくなるのは残念だから、新しい夏祭りをつくろう!」
と、神戸青年会議所が企画・開催したのがはじまりです。国際都市神戸は、海と港を中心に発展を遂げてきた歴史があります。みなとまつりは、神戸のまち・海・港のさらなる発展を願うとともに、市民の皆さんに愛されるおまつりを目指して開催されています。

また開催までの期間に、同時進行でオーディション「Miss Festival in Kobe」も実施される予定。兵庫県に所縁のある18歳〜24歳の女性(大学生・大学院生・専門学生・社会人も可)を対象にMiss Festivalのファイナリスト5名とQueen1名を選ぶオーディンション企画。ファイナリストに選抜された方は、7月開催の「Kobe Love Port・みなとまつり」や、KOBE COLLECTIONと連動する9月開催の「Autumn Festival in Kobe」でのステージ出演に参加できます♪6月10日(金)まで必要書類を郵送又はWEBサイトの申し込みフォームから応募が可能なので、興味のある方は応募してみてはいかがでしょうか!

width=

昨年の神戸みなとまつりでは、海をバックに“水”と“光”と“音楽”が融合する幻想的なウォータースプラッシュショーや、ステージイベントやキッチンカーの出店などが実施されましたが、今年の開催内容やタイムテーブルなど詳細については公式ホームページ、SNSで随時案内があるそうなので是非チェックしてみて下さい。今年はどんなお祭りになるのか、今からワクワク楽しみですね!

また、今後のコロナウイルスの感染拡大状況や天候等の事情により、中止や縮小などの大幅な変更が生じる可能性もあります。そちらについても公式ホームページ、SNS等をご確認ください。

■開催日時
2022年7月17日(日)、7月18日(月・祝)
11:00〜20:00
入場料 無料

■開催場所
メリケンパーク
所在地:神戸市中央区波止場町2

■交通アクセス
最寄駅:神戸市営地下鉄海岸線「みなと元町」徒歩約5分
JR・阪神線「元町」より徒歩約15分

■主催
みなとまつり実行委員会

■お問い合わせ先
「みなとまつり」お問い合わせフォーム

■公式サイト
Kobe Love Port・みなとまつり

facebook@Kobe Love Port・みなとまつり
instagram@Kobe Love Port・みなとまつり
Twitter@Kobe Love Port・みなとまつり

Youtube【公式】Kobe Love Port・みなとまつり

関連記事|第20回 Kobe Love Port みなとまつり

©一般財団法人神戸観光局

#kobeLovePort #2022 #みなとまつり #メリケンパーク #海の日 #神戸まつり

 >  KOBEEVENT >  第21回 Kobe Love Port・みなとまつり 2022
POWARED BY KOBE FRANTZ                                                                                                         画像出典:freepik